『本格3D鉄道紀行Vol.2 ~平成筑豊鉄道、甘木鉄道、門司港レトロ観光線編~』を発売いたしました。   2010年10月に発売した「本格3D鉄道紀行」の第一弾から久しぶりの発売となります。前回はAG-3DA1というカメラのみを使用しておりましたが、今回はそれにZ-10000というカメラも投入し、機動性を持たせました。   前回、クロストーク(2重像)などが少なくクリアで、奥行きを重視することで体への負担が少ない3Dとして評価を受けましたが、逆に飛び出しが少ないという意見もありました。 そこで、今回は「飛び出し」に焦点を当てて、できるだけ車両の迫力を感じられるような編集を行いました。どうぞ、一度、見てみて下さい。 品番 TOK-B0005 POS 45713-7007-006-2 価格 ¥5,800(税抜) ¥6,090(税込) 内容 ◎九州北部エリアを走る3路線の鉄道風景を収録! ◎福岡県の筑豊地区を走る「平成筑豊鉄道」では、鉄橋を走る様子や、のどかな風景を走っていく様子等を収録。 ◎レールバスで知られる「甘木鉄道」では、桜が咲く風景の中を疾走。その他、緑豊かなエリアを走る様子等を収録。 ◎観光用に整備されたトロッコ列車が走る「門司港レトロ観光線」では、関門海峡のすぐそばを走る様子等を収録。 ◎さらに、特典映像では「門司港レトロ観光線」の前面展望を収録。 好評を博した、大興奮の本格3D鉄道映像「本格3D鉄道紀行」シリーズ第2弾! 今回は、奥行感はもちろんのこと、画面からの“飛び出し”も多く含んだ構成になっております。 北九州の迫りくる鉄道の走行シーンは大必見です! さらに特典映像では「門司港レトロ観光線」の前面展望も3D映像にて収録しました。 眼前を流れる鉄道風景は、まさに乗車しているかのような臨場感! ぜひ一度この映像をご体験ください!       購入はこちらから!                ]]>